7月の台風がもたらした影響の広範囲

Uncategorized

2022年も上半期が終わり、下半期の7月に入ったとたん台風がやってきました。

数字上の勢力はそれほど強大には見えませんが、台風は台風。

雨にしても風にしても警戒に値します。

皆さん被害等は無かったでしょうか。

恵みの雨となってくれるのかな

観測史上2番目に短い期間で終わった今年の梅雨。

梅雨の最中に雨は降りましたが、梅雨明けのニュースと一緒に聞こえるのは夏の水不足の心配です。

皆さんがお住いの地域で雨はどれくらい降ったでしょうか。

私が住んでいる地域も大雨が降りましたが期間は確かに短めでした。

今後の天気次第では水不足とか有り得るのかな~と思っていたところです。

電力不足に水不足、生活必需品の値上げと今年も何かと我々の生活を直撃しますね。

これらにプラスして節水制限等出たらさらに生活が大変とか言う騒ぎではなくなりますね。

そんな中やってきた台風ですが、それが恵みの雨となってくれるのでしょうか非常に気になるところです。

場所によっては水害もあるようです

件の台風4号が九州の長崎県に上陸した訳ですが、その時の中心気圧は1000hPa。

そして九州を横断中に温帯低気圧へと変化しました。

台風4号自体は上陸して間もなく無くなってしまいましたが、変化して残った温帯低気圧と東側に有った雨雲と相まって広い範囲に雨を降らせたようです。

多いところでは総雨量200ミリ~300ミリの雨が降ったようでニュースでも道路冠水等が報道されていました。

記録的に短い梅雨で水不足が~、と言われていたのが取りあえずは解消されるのでしょうか。

雨は私たちに必要な水を与えてくれますが、多すぎれば当然被害をもたらします。

天気のコントロールなんて出来ませんし難しいものですね。

出来ることはこれまでの経験を活かして、水不足や水害に備えることでしょうか。

これから本格的に台風シーズンがやって来ますが、皆さんはどんな備えをしていますか?

それではこの辺で。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました